深谷市産業祭に
ベジタブル
テーマパーク
フカヤが登場!!

知って、味わって、験して、買って。
野菜を楽しめる
❝ミニ❞ベジタブルテーマパークが
大好評!

深谷市恒例、
第15回を迎える産業祭に
ベジタブルテーマパークが出現!
「ふかやのやさいびと」が
大活躍!

野菜を美味しく学べる「やさいのがっこう」や、つくり手や野菜ソムリエとの交流が楽しい「プチマルシェ」、横丁のフレンチシェフによる絶品「ふかやさいラクレット」が大好評!

ベジタブルテーマパークフカヤとは?
全国有数の野菜の産地である深谷市。その野菜をチカラに、まち全体を“テーマパーク”に見立てて、旬や季節を大切にした産地ならではの野菜を楽しめるコンテンツや、生産者と観光客の交流・体験イベントを開発し、それらを通じて、深谷市の野菜・農産物の価値向上や、地域に貢献するプロジェクトが自発的に行われ、活動が地域に根ざす、「何度も訪れたくなるまち」を目指す持続可能な取組のことです
イラスト1
記者発表会の様子

充実の2日間!
会話を楽しむプチマルシェ

毎年多くの深谷市民で賑わう深谷市産業祭。
今年はその一角に、「知る」「味わう」「験す」「買う」の4つのテーマで野菜が楽しめるベジタブルテーマパーク フカヤが出展。
バルーンが映える青空の中、つくり手の皆さんとともに、美味しく楽しい2日間を提供しました!
プチマルシェでは農家・澁澤さんの新鮮野菜や竹内農園、力丸農園さんの珍しい野菜の販売やエディブルフラワー、蜂蜜などなど…野菜ソムリエによる美味しい味わい方や試食を交えた盛りだくさんの内容に!中でも2日間参加の深谷たんぽぽさんは食用薔薇がなんと1日目に完売御礼の大盛況。初お披露目のハーブコーヒーも香り豊かで大人気でした。

イラスト2 イラスト2 イラスト2
ヘルシーメニュー

野菜を楽しく学べる「深谷 やさいのがっこう」開校

2日間でなんと8回にもわたって、「ふかやのやさいびと」によるさまざまなカタチのオリジナルワークショップを開催!
キユーピー株式会社による野菜の勉強をしながらできる野菜染めのオリジナルコースターづくりや、タネ屋さんによる色とりどりの野菜の種を使ったクリスマスリースづくりなどカラフルで楽しいものづくり体験、もやし屋さんや農家さんによる熱い想いや豆知識を学びながら、簡単オリジナルレシピが味わえる体験、食べられる花・エディブルフラワーや国産天然ハチミツなど香りや味を楽しめる珍しい体験まで、つくり手との交流を楽しめる幅広いカリキュラムの数々に、大人も子どもも楽しめる内容に!
参加された皆さんも、知っているようで知らなかった野菜づくりの裏側や、つくり手の熱い想いに触れられて楽しかった。早速レシピを試してみたい。などつくり手ならではの体験の数々に大満足でした。

ふかやのやさいびとについてはコチラ!

イラスト3 イラスト3 イラスト3
野菜を五感で楽しむ

深谷市の新鮮野菜ととろ~りチーズのできたて「ふかやさいラクレット」が大人気!!

深谷市の色とりどりの野菜を蒸し焼きにして、最後にラクレットチーズをたっぷり!ホクホクのサツマイモや甘みのあるブロッコリー、ミニトマト、人参に、珍しい深谷ねぎのピクルス。 普段なかなか見ることのできないラクレットマシーンに皆さん興味津々。さらに色鮮やかな野菜と、熱したチーズの香りが食欲をそそり、大人気となりました。
提供したのは深谷宿屋台村 ふっかちゃん横丁のフレンチ「ロークレール」シェフの清水さん。今回は産業祭オリジナルの逸品ですが、ラクレット自体はお店でも召し上がることができます。ぜひ、お店でシェフおすすめのワインを片手に召し上がってみてはいかがでしょうか。

横丁のフレンチバル ロークレールの詳細はコチラ

イラスト4 イラスト4 イラスト4

これからもベジタブルテーマパーク フカヤでは、
野菜の楽しさを提供するコンテンツを
「ふかやびと」のみなさんと企画していきます!