市長メッセージ

MESSAGE FROM MAYOR

市長メッセージ 深谷市長 小島 進

“世の中の変化を読み取り、
流れに乗りながら、
新しいまちづくりを提案する。”

野菜写真1

深谷市における農業 ・観光の可能性とは?

深谷市は日本有数の農業生産地であり、深谷ねぎに代表されるおいしい野菜、花・植木などの農産物は素晴らしい観光資源です。都心からのアクセスの良さを活かし、農業を始めとする深谷市の魅力を広く発信していくことで、大きな発展可能性があるでしょう。そこで深谷市では、花園IC周辺を農業と観光の発信拠点とすべく、アウトレットモールを中心とした「花園IC拠点整備プロジェクト」を推進しています。花園ICはスキーやゴルフ、温泉やアクティビティなど求めて向かう多くの方が通る経由地です。立ち寄り観光をつくり、何度も通いたくなる場所を目指したいと思っています。だからこそ、深谷市の持つ魅力「野菜と農業」をきっかけに他地域ではできない”コト”を発信していきたいと考えています。

野菜写真2

深谷市の農業の付加価値はどのように高めていくのか?

深谷市の農業・観光は、持続可能であることが大前提です。それには、農業と結びついた深谷市らしい観光を発信しながら、一度訪れて満足するのではなく、訪れるたびに発見がある、心身が健やかになる、癒されるというように、何度訪れてもメリットがある深谷市を実現していく必要があります。農業・観光を通して、県内外の方たちに、深谷市の本当の魅力 -都心と日帰りで往き来できる距離に位置しながら、花と緑、豊かな食に恵まれ、子どもからお年寄りまで生活しやすい環境- に気づいていただければ、こんな嬉しいことはありません。深谷市が多くの人々に「暮らしたい場所」として選ばれる未来を目指し、深谷市の農業・観光振興に取り組んでいきたいと考えています。

深谷市長 小島 進

農業・観光軸から描く深谷市の未来とは?

健康志向がますます高まる中、野菜栽培が盛んな深谷市の地域特性を活かし、おいしくヘルシー、新鮮な深谷野菜をメインにアピールしていきたいと考えています。深谷市ならではの野菜の魅力発信をしていくことで、差別化をはかります。また、観光にとどまらず、教育、医療、福祉、子育てといったすべての領域に深谷市の農業を活かし、農業中心のまちづくりを推し進めていくことも重要です。野菜というのはこれまでサブディッシュでしたが、昨今の健康志向の高まりを受けてメインディッシュになれる食材へと価値観が変化しました。野菜と健康で日常に溶け込む観光地へ。等身大でありながら、挑戦することを恐れない。農業の力で、まち全体が活気づき、本物の農業のまちになる。そこまで到達すれば、深谷市は農業を活かした観光のまちとしてのブランドを確立できるはずです。