2-2000x1040
ふかやさいレシピ

【ふかやさいレシピ】リーキのキッシュ

\野菜をおいしく食べよう/ リーキの甘味、うま味がギュッと詰まったキッシュです♪リーキをバターで焼くときは「弱火」にするのがポイントです。

材料(4人分)

リーキ(メガトン)…1本
ブロッコリー…1/4個(正味80g)
ミニトマト…10個
卵…4個

【a】牛乳…100cc
【a】生クリーム…50cc
【a】パルメザンチーズ…大さじ2
【a】塩こしょう…少々

【b】コンソメ顆粒…小さじ1
【b】湯…大さじ1

ピザ用チーズ…50g
冷凍パイシート(15×20cm)…2枚
バター…20g
薄力粉…適量

作り方

1.冷凍パイシートは、解凍し、薄力粉をふった板の上で、1cm重ねて並べ、麺棒で伸ばす。
パイ皿にのせ、皿のふちから出た部分を切り落とす。
オーブンを200度に予熱する。

2.リーキは、1cmの輪切りにする。
フライパンに、バターを溶かし、リーキを並べ、蓋をして弱火で10分焼く。

3.ブロッコリーは、小房に分け、茹でて水分を切る。ミニトマトはヘタを取る。

4.ボウルに、卵を割りほぐし、【a】を加え、湯で溶いたコンソメを加える。

5.①のパイ皿に、リーキ、ブロッコリー、ミニトマトを並べ、④を流し入れ、ピザ用チーズをのせ、オーブンで焼く。200度、15分焼き、180度に温度を下げ、15分焼いてできあがり!

ポイント

リーキの甘味、うま味がギュッと詰まったキッシュです。
リーキをバターで焼くときは、弱火で!

リーキとは?

「リーキ」は英語名で、フランスではポワロー、イタリアではポロと呼ばれており、日本では「ポロねぎ」や「西洋ねぎ」という名前が使われることが多いネギの仲間。
太くてずっしりした白い部分とⅤ字でやや扁平な緑の葉が特徴で、日本では冬が旬。長ねぎよりも辛みや刺激が少なく、加熱することでとろみと甘みが出てきます。煮崩れしにくいのでシチューなどの煮込み料理に向き、緑の部分はスープのだしに利用できます。

 

レシピ提供者:ふかやさいアンバサダー 野菜ソムリエプロ 佐野幸子さん

INFORMATION

ふかやさいレシピ

野菜を楽しくおいしく!埼玉県深谷市で生産されている野菜を使用したレシピを紹介しています。ぜひ作ってみてくださいね♪
「ふかやさいレシピ」の一覧はこちらから!

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE

関連記事

  • yasaibito_side
  • gurutto_side
  • recipe_side
  • fukayanegi_side