photo_11
ぐるっと深谷

緑と青がフォトジェニック!カメラ片手に夏の深谷市を散策!~花園・川本エリア篇~

稲穂が実り始める季節になり、すっかり田んぼは緑色の絨毯が広がったようです♪深谷在住野菜ソムリエの橋本梢が、またまた、フォトスポットを求めて、今回は花園エリア・川本エリアを中心に市内を巡ってみました(*´з`)

COURSE

1日コース(1日コース(6時間コース))

  1. 10:00 稲穂がまるで緑色の絨毯!「足高神社」の前に広がる田園風景
  2. 11:00 渋沢栄一だけじゃない!深谷市ゆかりの偉人「畠山重忠公」にまつわるスポット
  3. 13:00 さらなるフォトスポットを求め、「ふるさと歩道」を行く!
  4. 15:00 電車好きにオススメ!秩父鉄道の列車が見える上原農村公園で最高の一枚を狙う!
  5. ベジタブルテーマパークフカヤのInstagramもチェック!

10:00 稲穂がまるで緑色の絨毯!「足高神社」の前に広がる田園風景

まだまだ暑さの厳しい8月。外にいるだけで少し汗ばんでしまう気候ですが、まずは自宅の近所から巡っていきたいと思います。

自宅近くでもこんなに奇麗な景色が!!灯台下暗しとはこのことですね~。

ここは、花園エリアにある「足髙神社」の前に広がる田園風景です。足髙神社は、大物主大神様が祀られています。大物主大神様は国造りの神様として、農業、工業、商業すべての産業開発、方除、治病、製糸、禁厭、交通、縁結びなど、世の中の幸福を増進することを計られた人々の生活の守護神として尊崇されている、なんともありがたい場所。思わず手を合わせたくなります…

ちなみに、近所にはグリーンセンターというレトロな花植木、野菜の直売所があります。また、大福やおいなりさんも販売されています。安くて美味しいですよ(*^^*) 神社で涼みながら、稲穂を前においなりさんを食べるのもなかなか良いかもしれません☆

11:00 渋沢栄一だけじゃない!深谷市ゆかりの偉人「畠山重忠公」にまつわるスポット

さてさてお次は、深谷市の偉人ゆかりの地へ。

実は、渋沢栄一翁だけではないのですよ!深谷市には昔々の偉人がもう一人いるのです。


そう、畠山重忠公!

平安時代末期から鎌倉時代初期の武将で、鎌倉武士の模範とされるような活躍をされていたそうです。また、重忠公と言えば、馬を背負っているイメージですが、これは、平安時代末期の源平合戦ではとりわけ有名なエピソード「一ノ谷(いちのたに)の戦い」で、人も馬も通れない険しい崖を「大事な馬にけがをさせられない」と愛馬を背負い、崖を下ったと伝わる重忠公の伝説から来ているそうです。

このエピソードからも分かる通り、とてもパワフルな武将として知られる重忠公。ここ川本エリアでは、重忠公にちなんだ様々なスタミナ満点商品が販売されています。

※重忠公にちなんだ商品については、こちらの記事でもご紹介しています。

場所は、「畠山重忠公史跡公園」。このエリア周辺は、重忠公にちなんだ名前の橋もあったり、重忠公尽くしです!

また、この公園の周りには、田畑が広がり、緑が奇麗な景色が広がっています。春は公園の桜は勿論、周辺の黄金色の麦畑も見どころです!


空に偶然「X」の文字がΣ(・□・;)ということで記念にパチリ!こちらは、公園北側ですが、南側も田園が広がり、とっても清々しい景色が広がります。

場所はこちら!

埼玉県深谷市畠山488付近

13:00 さらなるフォトスポットを求め、「ふるさと歩道」を行く!


公園にふるさと歩道案内図というものを見つけたので、これを頼りに回ってみることに。公園で駐車場もありそうな、「鶯の瀬」に行ってみたいと思います。ではレッツゴー!


駐車場とトイレ、休憩所のある「鶯の瀬公園」に到着。一人だとちょっと心細いわ(;’∀’)でも、振り返ると、田園が広がり、重忠公の菩提寺、「万福寺」も見えました。


奥に見えるのが万福寺です。


更には、「六堰頭首工(ろくせきとうしゅこう)」もちらっと見えました。頭首工とは、川をせき止めて農業用水を用水路に取り入れる施設のことを言います。この付近に元々6つあった堰を一つにまとめたので、「六堰頭首工」と呼ぶのだとか。荒川の水が流れる音も聞こえ、凄く暑い日でしたが、少しだけ涼しい気分になれました。

さあ次も、このままのルートで行こうと思ったのですが、途中にある川本トレーニングセンターに。この付近には、稲じゃないある野菜がわさわさしてました!

何だかわかりますか?枝豆です!おそらくこのままにして大豆にするのでしょう。しかし、果てしなく豆!!枝豆を前にビールが飲みたくなるのは私だけでしょうか(。´・ω・)?枝豆畑でビアガーデンとかだと暑いのかしら?あったら行ってみたいわ( *´艸`)

場所はこちら!

埼玉県深谷市畠山942付近

15:00 電車好きにオススメ!秩父鉄道の列車が見える上原農村公園で最高の一枚を狙う!


さて、お次は「上原農村公園」に来ました!古墳ではないですが、小さな丘がある公園です、

実はココ電車好きの方に特におススメなんです!丘に登っても登らなくても、秩父鉄道が見えるんです。実はこちらの公園に来る前に少し道に迷ってしまって、予定の時間通りにたどり着けず、残念ながら私が写真を撮ろうとしたときは、過ぎた直後で…


でも、見てください!公園の芝生と田園が美しい!!ここにSLが写ったりしたら最高なんだけど…悔しいー!

土日は10時33分、平日は10時34分に武川駅を出発なのでそのころには秩父方面に向かうSLが見えますね!午後は秩父方面から武川駅に、土日は15時56分着、平日は16時00分着なので、この時間に合わせていくと撮れそうですね!次回はリベンジしたいです(*’ω’*)

ここの公園、芝生がキレイなので、レジャーシート敷いて、お弁当を食べるなんてのも良いかも!深谷市はテイクアウトがある飲食店さんも沢山ありますからね♪

※SLは、臨時列車の運転となります。詳しくはこちらをご確認ください。

 

場所はこちら!

埼玉県深谷市上原363付近

16:00

帰路へ

いかがだったでしょうか?今回は花園・川本エリアを中心に回りました。
深谷市在住でも、知らないところが沢山ありました!皆さんも是非密を避けて、行ってみてください♪

執筆:VTPライター 橋本梢さん

 ベジタブルテーマパークフカヤのInstagramもチェック!

ベジタブルテーマパークフカヤでは、公式Instagramアカウントで
旬のふかやさいや、野菜をもっと楽しむためのヒントになる情報を随時発信しております。
ぜひチェックしてみてください!

▲ベジタブルテーマパークフカヤ 公式Instagramアカウントはこちらから!

COURSE MAP

今回のコースマップはこちら

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE

関連記事