カフェ花見原稿 (7)
味わう

「カフェ花見」で味わうご当地グルメ「深谷カレー焼きそば」&「渋沢栄一カフェオレ」

深谷駅から約500m/徒歩約5分。深谷商店街 “深谷にぎわい通り(仮称)”にあるカフェ花見で味わえるご当地グルメ「深谷カレー焼きそば」と「渋沢栄一カフェオレ」を、ふかやさいアンバサダー・福島がご紹介します!

創業45年「カフェ花見」

 “カフェ花見”は、深谷商店街の深谷にぎわい通り(仮称)のほぼ中央に位置します。

渋沢栄一カフェオレの旗をはためかせメニューの看板や人気ベスト3の紹介などそして赤いルーフがトレードマークです。

昭和51年頃は現オーナーのご両親が経営されていた“パーラー花見”と言う喫茶店でした。12年前、新店舗開業と共に“カフェ花見”と店名を変え、都内でサラリーマンをされていた娘さん夫婦が加わり“カフェ花見”がオープンしました。

ナポリタンや自家製カレーライスは、昔からの味をそのまま引き継ぎカレーのルーは先々代からの味を大切にし、今では焼きカレーや深谷カレー焼きそばにも使われています。

深谷のご当地グルメ「深谷カレー焼きそば」(深谷もやし入り)

早速、ご当地グルメ“深谷カレー焼きそば”をいただきます!

こちら深谷産のもやしである”深谷もやし”が使用されております!

カレーとソースが一緒になってどんな味になるのかしら??と思いながらいただくと…

ソースの味がまず初めに飛び込んできてから、だんだんとじわじわカレー風味が後を追いかけてくるように口の中で広がっていきます。

ボリュームもあり男性にも大満足間違いなしの一品です。

GWぐらいまでは、ここに深谷ねぎがトッピングされた“深谷ねぎたっぷりカレー焼きそば”もありますので、深谷ねぎが旬のシーズンはぜひそちらも召し上がってみてください。

かわいい!渋沢栄一カフェオレ

こちらはカフェ花見の名物、渋沢栄一カフェオレ。深谷出身の偉人、近代日本経済の父と言われる渋沢栄一が描かれたカフェオレです。

渋沢栄一カフェオレ

この栄一カフェオレ、土日には大河ドラマ館にも出店していますので、深谷観光のおともにもおすすめ。大河ドラマ館で渋沢栄一カフェオレの旗を見つけたらぜひお立ち寄りください。

他にもふっかちゃんや渋沢平九郎もあり注文する時に、どれにしようかしら?なんて迷ってしまいました。それぞれの特徴が上手に描かれていますね!

カフェ花見のこだわりは、コーヒーをサイフォンコーヒーで落としているところ。

1回に多くて3杯までしか落とせないサイフォンコーヒー。朝はコーヒー1杯をいただく人が、昼にはご年配の方がお友達と共に楽しく美味しいカフェ&スイーツで午後のひと時を過ごされているそうです。

昔ながらの味と今の味を楽しむことが出来る“カフェ花見”フラッと立ち寄って本格珈琲でリフレッシュされてはいかがでしょうか。

Written by 福島玲子さん
ふかやさいアンバサダー 野菜ソムリエプロ
深谷・鴻巣にて料理教室『Home cooking』主宰。野菜ソムリエ講座・埼玉地域校担当。野菜ソムリエプロおよびアスリートフードマイスターの知識を活かし、料理教室や食育活動など多方面で活動中。

INFORMATION

カフェ花見

■営業時間:100020302000オーダーストップ)
■定休日:水曜日
■住所:埼玉県深谷市仲町2-7
TEL:048-571-0528
face bookhttps://www.facebook.com/cafehanami/
※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE

関連記事