IMG_5046-1024x768
ぐるっと深谷

【埼北つうしん特別タイアップ】三百年の歴史を持つ蔵元の酒蔵跡「七ツ梅酒造跡」を散策【前編】

「七ツ梅酒造跡」は、深谷駅北口から徒歩で約10分の場所にある元禄7年(1694年)に創業し、平成16年(2004年)廃業した三百年の歴史を持つ「田中藤左衛門酒造」の跡地です。今回は、そんな古き良き町並みを活かしたノスタルジック空間を埼北つうしんさんが徹底的に深堀りしちゃいました! 計3回に分けてお送りします。

COURSE

1日コース(約8時間)

  1. 序章 そもそも七ツ梅酒造って・・・?
  2. 12:00 七ツ梅酒造跡地のお隣にある定食ランチのお店「フクフル食堂」でランチ?
  3. 13:00 「七ツ梅酒造跡」の入口的建物「母屋」にある「なんでも屋mog」
  4. 14:00 雑貨好きな人にオススメ!BOXマーケットの「中山道 深谷宿本舗」

序章 そもそも七ツ梅酒造って・・・?

【七ツ梅酒造の沿革】
七ツ梅酒造は、元禄7年(1694年)に近江商人の田中藤左衛門が創業した酒造です。
創業以来300年の歴史を有し、県内でも1、2を競う老舗蔵元でしたが、2004年(平成16年)に廃業し、現在は所有者の意向を受けて、一般社団法人まち遺し深谷が、この歴史的・文化的な施設の保存および運営・管理を行っています。
約950坪の敷地に母屋、店蔵、煉瓦造りの精米蔵、煉瓦煙突などの建築群が遺っています。

<出展:一般社団法人まち遣(のこ)し深谷>

 

【七ツ梅とは】
「七ツ梅」は、「剣菱」「男山」とともに江戸時代を代表する銘酒の1つで、その名前の由来は、昔の刻限七ツ刻(現在の午前4時ころ)に最も梅の香りが立ち上るところから生まれ、古歌に「奥深く谷間に咲けど七ツ梅、香りは広く世にぞ知らるる」とあります。

<出展:一般社団法人まち遣(のこ)し深谷>

 

そんな「七ツ梅酒造跡」約950坪ある敷地には「母屋」「店蔵」「酒蔵」など明治~昭和初期の貴重な建築群が残っています。
ただ歩くだけなら数分あれば回れるスペースですが、まるで時が止まったかのような不思議な空間が広がっており、回り方次第では半日近く楽しめます。

 

▲「七ツ梅酒造跡」散策動画

 

ということで、今回はこの深谷市にある「七ツ梅酒造跡」を散策し、レトロでノスタルジックな空間を堪能してみようと思います!

 

12:00 七ツ梅酒造跡地のお隣にある定食ランチのお店「フクフル食堂」でランチ?

それでは散策を行う前に昼食をしっかり食べましょう
ということで、七ツ梅酒造跡地の隣にある「フクフル食堂」におじゃましてみましょう

 

▲「フクフル食堂」は、2020年1月15日に七ツ梅酒造跡地の隣にオープンした飲食店です。

 

深谷市東方にある豆腐専門店「深谷とうふ工房」で豆腐作りに携わり、弁当販売で総菜も開発してきた店主が添加物を使わない手作り料理を提供しています。

 

▲またテイクアウトメニュー等も取り扱っています。

 

▲空き家を改装した店内は、和室と洋室の8畳2間に座敷とテーブル席があります。

 

 

▲メニューの内容は日替りです。

 

▲この日のランチメニューは、「鶏ささみフライ」「ゴボウの酢煮胡麻よごし」「ほうれん草の白和え」「おからサラダ」など、バランスが取れたヘルシーな内容となっています。

 

▲野菜をたっぷり使用した日替わりランチやお弁当が楽しめますよ

 

▲メニュー内容はお店のFacebookやInstagramで発信しているので、来店前にチェックしてみてはいかがですか

 


INFORMATION

フクフル食堂

■営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)
■定休日:月、火、日曜日
※日曜日は「あいん」のそばランチを提供しております。
■住所:〒366-0825 埼玉県深谷市深谷町9-11
■TEL:080-3720-3632
■Facebook:https://www.facebook.com/fukufullshokudo/
■Instagram:https://www.instagram.com/fukufull_shokudo/
※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

13:00 「七ツ梅酒造跡」の入口的建物「母屋」にある「なんでも屋mog」

ランチを楽しんだ後は、いよいよ本格的な散策を開始です!

▲まずは「なんでも屋さんmog」におじゃましてみましょう

 

▲「なんでも屋さんmog」が出店している「母屋」は、1933年(昭和8年)に建設された母屋は木造店蔵づくり・総2階建て・切妻屋根の建物です。

 

▲また母屋の2階にはアニメ制作会社「ライデンフィルム」の深谷スタジオがあります

 

▲それではおじゃましてみましょう!

 

▲わ〜!店名通りいろんなものが売っていますね〜

 

▲店内にはハンドメイド作家の店主さんが作ったハンドメイド品やカワイイ&センスのある雑貨や古道具、食料品など様々な商品を取り扱っています

 

▲入荷した商品などの最新情報はお店のSNSでご覧いただけますので、ご来店される前にチェックしてみてから来店するのはもちろんですが、あえて何も調べずに楽しむのもありですね

 


▲あっ!「なんでも屋mog」の裏手で深谷市で取れた新鮮な朝取り野菜も売っていました!

▲旬の深谷ねぎもありました深谷ねぎについて知りたい方は「ベジタブルテーマパーク」の「深谷ねぎ」の記事を是非ご覧下さい。




                      
              

INFORMATION

なんでも屋mog

■営業時間:11:00~17:00
■定休日:火・日曜日
※たまに臨時休業あり

■住所:〒366-0825 埼玉県深谷市深谷町9-12
■TEL:080-6703-4696
■ホームページ:https://nandemoyamog.business.site/
■Instagram:https://www.instagram.com/nandemoya_mog/?hl=ja
■Twitter:https://twitter.com/nandemoya_mog?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
■Facebook:https://www.facebook.com/NandemoyaMog/
■アメブロ:https://ameblo.jp/taro-okaka/
※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

14:00 雑貨好きな人にオススメ!BOXマーケットの「中山道 深谷宿本舗」

▲続いて「母屋」の向かいにあるハンドメイド商品などレンタルボックス内で販売しているBOXマーケット「中山道 深谷宿本舗」におじゃましてみましょう!

 

▲以前は足利銀行深谷支店近くで営業していましたが、2013年から現在の店舗に営業しているそうです。

 

▲観光で訪れた方のためにレンタサイクルの貸出を行っています♪

 

▲レンタサイクルは「中山道 深谷宿本舗」の店舗前にあります!

 

▲レンタルボックスは大小含めて45個あり、様々な雑貨やハンドメイド商品が販売されています。ちなみに小さいBOXで月額1,000円、大きいVボックスで月額1,500円でご利用できるそうです。

 

▲「中山道深谷宿本舗ギャラリー・BOXマーケット出展要綱」

 

▲多種多様の商品が陳列されているので、ハンドメイド雑貨などが好きな方は是非お立ち寄り下さい?

 


>>中編に続く!!

INFORMATION

中山道 深谷宿本舗

■営業時間:10:00〜18:00(月〜金)
※土日祝は17:00まで
■定休日:火曜日
■住所:〒366-0825 埼玉県深谷市深谷町9-12
■TEL:048-575-0088
■Facebook:https://www.facebook.com/fukayajyukuhonpo/
※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

COURSE MAP

今回のコースマップはこちら

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE

関連記事

  • yasaibito_side
  • gurutto_side
  • recipe_side
  • fukayanegi_side