IMG_8199

深谷 アウトレット隣接!旬の野菜と美味しい料理に出会える〜深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム レストラン

ふかや花園プレミアム・アウトレットに隣接する
「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」は、気軽に野菜の収穫体験ができたり、
新鮮な野菜を購入することができる素敵なスポット。
キユーピー(株)が手掛けているとあって、
野菜への愛情が感じられる空間です。
今回は、新鮮野菜を堪能できる「レストラン」をご紹介します!
(埼玉工業大学教員の本吉裕之が執筆させていただきます)

始まりは、一人の想いから

マヨネーズなどでお馴染みのキユーピー株式会社グループの一人の社員が、
「野菜の魅力を知ってもらいたい!もっと野菜を食べてほしい!」と、2012年の社内公募制度でビジネス案を提出しました。
そして10年の時を経て、「野菜にときめく、好きになる!みんなの笑顔を育むファーム」として形となったのが、2022年5月にオープンした「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」です。

色々な野菜の収穫体験が、ワンコイン(500円)でできるのも魅力。
そして野菜毎に、簡単な調理方法のパネルも一緒に飾られているので、
イメージがつきやすいと大好評です。

マルシェに並ぶ、採れたての新鮮な野菜


ねぎだけでも、何種類も揃えており、
農家さんから届いた野菜が、どんどん並べられていきます。

2024年・新年マヨネーズも数量限定で発売しておりましたよ。

いざ、レストランへ。

野菜の旬に合わせ、刻々と変わるメニュー

種類豊富なメニューは、その野菜の一番美味しい時期に合わせて提供されるため、
1ヶ月〜2ヶ月ほどでどんどん更新されていきます。
そしてすべてのメイン料理には、サラダバーがついています。
その名も「無限サラダ」


こちらを好きなだけ、まさに無限にお召し上がりいただけます。
注文したお料理が届くまでの間、これだけでもお腹が満たされ、野菜の旨み、甘みを堪能することができるのも、人気の秘密です。

お話をお聞きすると
「野菜を使い切ろう」という考えのもと、提供されるサラダも日々変わっているそうです。
野菜を納品していただく農家の方にも、「大きさや形にはこだわらないでくださいね」とお願いし、
たとえ、市場に出せない物であっても美味しい料理へと調理することで、
みんなが幸せになる仕組みが出来上がっているのです。

深谷ねぎが感動のメイン料理に!

今回は、マルシェで販売している野菜を使った「三品シェフのスペシャリテ」より、
深谷ねぎの豚バラ肉巻き 2種のソース添え」(サラダバー付き1,950円)をご紹介します。

まさに今が旬の深谷ねぎに、丁寧に豚肉を巻き、サクサクに揚げた一品。

深谷ねぎの青い部分を用いたタルタルソースと、焼き野菜にぴったりのロメスコソースの2種類をつけていただきます。
ロメスコソースは、深谷カルソッツで有名になりましたが、スペイン・カタルーニャ地方のソースで、特に、カルソッツねぎを食べるときにつける、
パプリカとナッツの風味が、野菜にぴったりのソースです。

タルタルソースをいっぱいつけていただくと、
深谷ねぎから染み出す野菜のみずみずしさと、豚肉の甘みが溶け合い、
たまらなく美味しいのです。
特に、深谷ねぎがつるんと飛び出してきてしまうので、カットする時は慎重に。
飛び出してくるねぎもかわいらしく、ねぎ一本を丸々使ったこちらの料理は、最後まで飽きずに楽しめます。

もう一品、おすすめとしてご紹介させていただくのが、
「深谷ねぎのグラタンスープ」450円です。

深谷ねぎの甘みと、チーズが絡み合う、この時期にぴったりのスープ。
深谷ねぎがほぼ1本使われており、トロトロに溶けていて、パンとよく合います。

シェフにインタビュー

こちらのレストランは、地産地消を提唱するシェフの先駆けともいえる音羽和紀シェフ・音羽創シェフが監修されています。
そして、宇都宮にあるオトワ・レストランで修行された三品シェフが
この深谷の地に移住され、腕を振るっております。

三品シェフ「深谷ねぎのグラタンには、鱈、じゃがいもを入れてみたり、さまざまな挑戦をしております。
3月になると、深谷のブロッコリーも美味しいですね。素材の味を楽しむために、できる限りシンプルに調理するように心がけています」
とのことです。

せっかくですので、深谷の印象をお聞きしましたら、
「星が綺麗、空気が綺麗、そして野菜が美味しいです。家族も気に入っておりまして、最高の環境だと思います!」
と素敵な笑顔が印象的な三品シェフ。

ご案内いただいた、スタッフの松村さんからは、
ヤサイな仲間たちファームでは、近くにある花園公民館でのこども食堂にも協力し、
みんなで一緒に食卓を囲んで、共に食べる「共食(きょうしょく)」にも力を入れているそうです。
野菜をもっと好きになってほしい、そんな思いを強く感じました。

その思いは、スタッフ全員に浸透していて、
例えば、お水を汲みに行ったとき、スタッフの方から「ぜひ両方とも試してくださいね!」と笑顔で話しかけられました。
左は「レモン水」ですが、右はなんと「ごぼう水」!!


「遠慮しないで、グラス2つ使ってくださいね」「お茶みたいな味しませんか?」と
笑顔で声をかけていただきました。

香ばしく、お茶のような味は、口の中をさっぱりしてくれました。
日によって、きゅうりだったり、パクチーだったりするそうです。

スタッフ全員、野菜を愛しているからこそ、お客様にも好きになってほしいという思いが伝わる、
あたたかな空間がここにありました。

きっとあなたも、このレストランでもっと野菜が好きになるはずです。

 

取材・執筆:埼玉工業大学 人間社会学部情報社会学科 准教授 本吉裕之

INFOMATION

深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム レストラン

■営業時間:
<レストラン>
ランチ :11:00~16:30(L.O.15:30)
ディナー:17:30~21:00(営業日:土・日)(L.O.土曜20:00/日曜19:00)

※平日にディナーご希望のお客様は、事前にお問い合わせください。
(宴会・立食パーティー・貸切等もご相談ください。)
<マルシェ>平日  9:00~17:00/土日 9:00~17:30
■定休日:不定休
■住所:埼玉県深谷市花園108番地
TEL:048-580-7550
■駐車場:深谷テラスパークと共用で138台(無料) 利用可能時間:9:00~17:30
※ 駐車場は混み合う場合がありますが、周辺道路での路上駐車などはお止めください。
■ふかや花園プレミアム・アウトレットからのアクセス→Google Mapの経路情報
■ホームページ:https://www.kewpie.co.jp/farm/
関越自動車道「花園IC」より車で約6分
秩父鉄道「ふかや花園駅」より徒歩5分

※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE