煮ぼうとう原稿 (2)
味わう

旧渋沢栄一邸”中の家”のお隣!「麺屋忠兵衛 煮ぼうとう店」

旧渋沢栄一邸”中の家”のお隣!「麺屋忠兵衛 煮ぼうとう店」を、ふかやさいアンバサダー・福島がご紹介します!渋沢栄一翁も好んで食べたと言われ、昔から深谷に伝わる郷土料理「煮ぼうとう」を古民家の店舗で味わってみませんか?深谷観光にぴったりですよ♪

渋沢栄一記念館から徒歩約10分。

渋沢栄一記念館から徒歩約10分。旧渋沢邸「中の家」の隣にあるのが「麺屋忠兵衛 煮ぼうとう店」です。歴史を感じ趣のある古民家、こちらは渋沢家大番頭さんの家屋でした。

 

▲100年以上が過ぎた現在でも太い梁に守られきれいな状態で建てられています。

 

▲お店の入り口には、“いらっしゃいませ!”と書かれたメニューのポスターが貼ってあり
温かい雰囲気でほっこりした気持ちにさせてくれます。

メニューは「煮ぼうとう」と「煮ぼうとう・とろろご飯セット」のみ

地元深谷の野菜がたっぷり入った「煮ぼうとう」。

多くの方と相談し研究に研究を重ねただし汁に、ネギ・ハクサイ・ダイコン・ニンジン・ゴボウ・シイタケ・油揚げ・鶏肉を加えて生麺をだし汁に直接入れて、秘伝のたれで味付けをしたしょうゆ味の深谷煮ぼうとうの完成です。下茹で無しなので麺についたお粉も一緒に煮ることでとろみがでて、体がじわじわ~っとあたたまっていきます。

 

▲メニューには、この地「血洗島」の由来についても書かれてありました。

▲ゆっくりと読み進めていくと熱々出来たての「煮ぼうとう」が運ばれてきました。

店内には渋沢栄一翁の直筆掛け軸が!


▲落ち着いた雰囲気の店内には、ひときわ輝く掛け軸が床の間に飾ってあります。

 

▲メニュー裏に掛け軸のことも書かれてありました。
渋沢栄一翁の直筆、88歳の時に当店の大家さんのご先祖様へ送った一枚の掛け軸だそうです。優しい文字で書かれた書は、昭和2年にタイムスリップしたかのような気持ちになりました。

お店では地元のおかあさんたちが、明るく元気に営業されています。

“煮ぼうとう”を初めて食べられる方も多くいらっしゃり、食べてみたい、味見をしたいとおっしゃる方は、二人で一つ注文されることも多くあるそうです。

▲レジ脇には、渋沢栄一翁の貯金箱やオリジナル缶バッチ・煮ぼうとうの乾麺も販売しております。

 

▲衛生面も安心。入り口わきに除菌スプレー、各テーブルにはマスク着用ご協力のお願いを表示してあります。


ぜひ渋沢翁の生家“中ん家”隣“麺屋忠兵衛 煮ぼうとう店” で渋沢栄一翁の大好物だった“煮ぼうとう”を
召し上がってみませんか。

 

Written by 福島玲子さん
ふかやさいアンバサダー 野菜ソムリエプロ
深谷・鴻巣にて料理教室『Home cooking』主宰。野菜ソムリエ講座・埼玉地域校担当。野菜ソムリエプロおよびアスリートフードマイスターの知識を活かし、料理教室や食育活動など多方面で活動中。

 

INFORMATION

麺屋忠兵衛 煮ぼうとう店

■営業時間:11:30~14:00
■休業日:渋沢記念館臨時休室日及び年末年始
■住所:埼玉県深谷市血洗島247-1
■TEL:048-598-2410
(2410=ニボウトウで覚えやすい!)

※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE

関連記事

  • yasaibito_side
  • gurutto_side
  • recipe_side
  • fukayanegi_side