20210220_133906
味わう

創業190年の老舗「きん藤旅館」で深谷を丸ごと堪能!

旧中山道沿いで旅館一筋なんと190年!老舗「きん藤旅館」を、深谷市在住の野菜ソムリエ・橋本がご紹介します!おすすめの「深谷牛すき焼きコース」を堪能してきました♪お食事だけもOKなのでちょっと贅沢な深谷歴史観光におすすめです!

190年の歴史!中山道最大の宿場町だった深谷。

深谷駅から約徒歩5分、旧中山道沿いで旅館一筋なんと190年の老舗「きん藤旅館」。
中山道最大の宿場町と言われた深谷は、最盛期に90軒もの宿があったそうですが、今は「きん藤旅館」さんだけだそうです。

創業者の藤平(とうべい)が近江(現在の滋賀県)出身だった事から、近江の“近”と藤平の“藤”をとり、近藤(きんとう)になったそうです。

開かずの金庫!!

▲玄関を入ると、感染対策グッズが設置されているのですが、その横には・・・・。

 

▲テレビで取り上げられた、開かずの金庫が!!(゚Д゚;)「開けてもいいですよ!」と言われたので、触らせていただきました。めちゃくちゃ重厚感あり!年代物の品がさりげなくあったり。さすが歴史ある老舗。。

話題沸騰!!深谷土産の新定番!

今話題の深谷土産「深谷ねぎみたいなスティックシュガー」、実はきん藤旅館から誕生しました!


▲可愛い~!!まさかの深谷ねぎがスティックシュガーに♪ありそうで無かったですよね~。みんなに配るお土産にもいいかも♪通常¥432(税込)のところ、特別価格で販売中!!

▲考案者である店主の妹さん!!深谷の商店街は女の方がとっても元気!勉強会などを重ね、スキルアップにも怠りがないんだとか。皆さんの努力があっての活気ある商店街なのですね~。

深谷を丸ごと堪能「深谷牛すき焼きコース」

▲館内を進むと通されたのは、落ち着いた雰囲気の個室。椅子なので、正座が苦手な方でも安心ですね。

▲来ましたよ来ました!おすすめの深谷の野菜はもちろん、深谷牛も味わえる「深谷牛すき焼きコース」!(^^)!お肉万歳!

地元民の私、深谷牛はお祝いの時に頂くと決めているのですが、、今日はお祝いじゃないのに頂いちゃいます♪なんという贅沢!地酒もございます!このまま泊まりたい。

▲マスクケースや除菌シートも準備されていて、安心ですね♪

▲箸置きが可愛い♪こちらもねぎ。細部にまでこだわってる感じがしますね~。作家さんのものなのかな?

▲ぐつぐつとお鍋がいいだしたので、お肉投入!いやいやこの景色最高!大の肉好きな私、もう幸せでございます。ありがたや。

▲〆に煮ぼうとうが本来あるのですが、、麺類が苦手な私は具だくさんの汁だけで頂きました。それでもボリューム満点!
一緒に行ったお姉様は、煮ぼうとうまでたどり着く前にもう満腹でして、私は完食いたしましたが、もう、しばらく横になる時間が欲しいくらい満腹でございました(*´з`)

お肉だけでなく、深谷ネギのてんぷらや、お刺身も本当に美味しくて大満足!ご馳走様でした。 

愛ですよ愛!

店主様登場でございます。様々なこだわりがあるのは勿論なのですが、地元への愛。商店街への愛。お客様への愛。愛が溢れたお話をお聞かせいただきました。途中からビジネス講座的なお話にもなり、私的に大変興味深く、もっと教えて頂きたいと思うお話ばかりでした。

特に印象的だったのは、「女性のヒラメキを大切にしたい。女性の活躍する女性が輝けるような環境づくりにも力を注ぎたいと。」という店主様のお言葉。いや~。素晴らしいですよ。こういった方の支えがあるから、おかみさん達が輝く商店街なのですね~。本当に大事ですよこういうの。

▲先程、お食事を頂くときに気になった箸置き。なんと、地元の生徒さんのものでした。レジ横のお土産コーナーで購入できます!こちらもお土産におすすめ♪

最後にパチリ!

▲帰ろうとしたときに、入口近くにいらっしゃった店主のお母さま。
ご家族で、この歴史ある旅館を守ってらっしゃるのですね~。笑顔が優しい皆さんが待っていますよ!

 


今回はお食事だけでしたが、記念日に泊まってみるのもよさそう♪
因みに、「渋沢栄一 論語の里 循環バス」は直ぐ近くの足利銀行(仲町発着所)が便利だそう。
観光にはもちろん、お祝い事やご褒美にもおススメのお宿「きん藤旅館」さんでした!

 

Written by 橋本梢さん

野菜ソムリエ/深谷市在住/深谷市ユリ農家「橋本園芸」

「踊る農民」として精力的に活動する女性農家。ユリ農家活動の他、趣味のベリーダンスを通じて出会った「黒にんじん」に魅了され、栽培からお茶やジャムなど加工品の製造・販売も手掛ける。(ショップ名:topoftree)

 

INFORMATION

きん藤旅館

■営業時間:11:00~22:00
■定休日:年末年始
■住所:深谷市本住町7-54
■TEL:048-571-1341
■ホームページ:
※営業時間や定休日、金額などの掲載情報は変更になる場合がございます。あらかじめ各店舗・施設に確認の上、おでかけください。

野菜の楽しさに
何度も訪れたくなるまちへ。

肥沃な土地とお日様のチカラに恵まれ、全国有数の野菜・農業のまちとして知られる、ここ埼玉県深谷市。ベジタブルテーマパーク フカヤは、『関東の台所』とも呼ばれるこのまち全体を「野菜が楽しめるテーマパーク」に見立て、何度でも訪れたくなる観光地となることを目指しています。

深谷へのアクセスはこちら
VIEW MORE

関連記事

  • yasaibito_side
  • gurutto_side
  • recipe_side
  • fukayanegi_side